機械彫り製造工程

やすり.jpg   

1、受注
お客様からご注文を承ります。

2、印材吟味
予算内で高品質の印鑑材料を吟味します。

3、印面調整
彫刻をする面(印面)がガタガタだと、出来上がっても美しい印影が出来ない。そこで最初に印面を平らにする為に、とくさ板や紙ヤスリで磨ります

 家康のコピー.jpg  

4、印稿作成
印影作成の特殊ソフトを使って手書きにて文字を作成します。印面に彫刻する文字をバランスよく配置、配分する最も重要な作業の一つです。

本来、文字の大きさは同じにするが、極端に画数の多い字は広く、少ない字は詰めて入れたりと、最良のバランスをとります。

 機械彫り.jpg  

5、粗彫
特殊のNC機械で彫ります。

細い針のような刃で文字を忠実に彫る事が出来ます。

 

 やすり.jpg  

6、印面調整
粗彫が終わった印鑑は、もう一度「紙ヤスリ」や「とくさ板」で磨って、粗彫の際に生じたケバ等を取り除きます。

 墨打ち.jpg  
 

7、墨打
こちらでは、次の仕上げ作業の為に新たに墨を打ちます。此処からは非常に細かい作業なので、墨を入れ見易くして作業します。

 仕上げ.jpg  

 

 

8、仕上げ
確認し不備な箇所を補刀して最終手彫り仕上げする

 純柘彫 個人.jpg  発送
お客様のお手元に発送いたします