手彫り工程

  • 伝統工芸士手彫り工程
 手彫り1.jpg (1)印面調整
彫刻をする面(印面)がガタガタだと、出来上がっても美しい印影が出来ない。そこで最初に印面を平らにする為に、とくさ板や紙ヤスリで磨ります
これは簡単なよで実に難しい!熟練しないと平たく磨れない。紙ヤスリも始めから粗目だと表面にキズが付くので、細目のものを使い、丹念に納得の行くまで繰り返す 
 手彫り2.jpg  (2)書体選定
お客様からご依頼の書体で印面に無理のない造形美に仕上がるかどうか、辞書を使い選定します。
 手彫り3.jpg  (3) 印稿作成
選定された字体の完成時の文字を和紙に書きだす。これは印面の完成時の形を十分に考慮する為に非常に注意を要する作業です!
 手彫り4.jpg  

(4)朱塗り
さて、墨を使って文字を書いていくのじゃが、その前に朱墨を塗って下地を作り、後の字入れの時にこの下地をうまく利用して文字の修正等の作業がし易くする。

 (5) 字割
印面に彫刻する文字をバランスよく配置、配分する最も重要な作業の一つです。文字の大きさに歪みが出ない様に、印面に割付けをする。字数の多い少ないに関係なく、この字割りをきちんとしておかないとバランスが崩れてしまう。本来、文字の大きさは同じにするが、極端に画数の多い字は広く、少ない字は詰めて入れたりと、ゲージを用いて最良のバランスをとる。

 手彫り5.jpg  (6) 字入
こちらも重要な作業の一つです。印面に彫刻する文字を直接墨で書いていく。文字は墨で書き、下地と同じ色の朱墨を使って修正をする。朱塗り作業の効果です。
 手彫り6.jpg  

(7)印面調整
粗彫が終わった印鑑は、もう一度「紙ヤスリ」や「とくさ板」で磨って、粗彫の際に生じたケバ等を取り除くと同時に、字入れの墨を落とす

(8)墨打
こちらでは、次の仕上げ作業の為に新たに墨を打つ。「先程墨を落としたばかりなのに、何故、また?」と、思うかも知れませんが、此処からは非常に細かい作業なので、新たに墨を入れる。この手間と時間が素晴らしい完成度につながる

 手彫り7.jpg  (9) 字直
半差刀(はんさし)で筆意、線の切れ味等を重視し、力感をだす様に文字を入念に整える

一応の形は出てきたんじゃが、粗彫状態、文字が汚く不鮮明でとても印鑑にはならない。そこで「仕上げ刀」と呼ばれる刀を使って文字の形を整える
 手彫り8.jpg  

(11) さらい
印刀で、文字の周辺や、底等を綺麗に整えること

(12) 捺印
仕上がりの確認の為の捺印をして、いよいよ最終仕上げ。

(13) 仕上げ
捺印で状態確認をし、ここで確認後不備な箇所を補刀して最終仕上げする。(もちろん、捺印〜仕上げは納得がいくまで繰り返します。)

 手彫り9.jpg  (14) 完成
彫刻証明書に彫り上げた印鑑の捺印と、工芸士の署名が「自信の証」として明記される!